用語集

媒介契約の内容の書面化

宅建業者は宅地又は建物の売買又は交換に係る媒介契約を締結したときは、遅滞なく、媒介契約の内容を書面に記載し、記名押印のうえ依頼者に交付しなければならない(宅建業法34条の2)。 書面に記載する内容は、 (1)当該宅地又は建物を特定するための所在、地番、構造等、 (2)当該宅地又は建物の売買すべき価額又は評価額、 (3)当該媒介契約が、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約(明示型)又は一般媒介契約(非明示型)のいずれに該当するかの区別、 (4)媒介契約の有効期間及び解除に関する事項、 (5)指定流通機構への登録の有無、 (6)報酬に関する事項、 (7)専任媒介契約を締結した依頼者が、他の業者に媒介を依頼して契約を成立させたときの措置、 (8)専属専任媒介契約を締結した依頼者が媒介を依頼した業者が探索した相手方以外の者と契約を締結したときの措置、 (9)一般媒介契約(明示型)を締結した依頼者が、明示していない業者に媒介の依頼をして契約を締結したときの措置、 (10)当該媒介契約が建設大臣(現・国土交通大臣)の定めた標準媒介契約約款であるか否かの別。 なお、貸借の媒介については、現在のところ書面の交付が義務づけられていない。また、媒介契約の内容を書面に記載する場合、文章の内容が曖昧では困るので、建設大臣(現・国土交通大臣)の定めた標準媒介契約約款を使用するよう通達が出されている。 媒介契約 標準媒介契約約款
ページトップへ