用語集

盛土・切土

元の地盤の上に土を盛って宅地を造成した部分を「盛土」部分、元の地盤を削って宅地を造成した部分を「切土」部分という。傾斜地を造成した場合、1つの宅地で「盛土」と「切土」部分が混在する場合も多い。 宅地造成等規制法では、宅地造成とは宅地以外の土地を宅地にするため又は宅地において行う土地の形質の変更をいい、土地の形質の変更とは、 (1)切土をした土地の部分に高さが2mをこえるがけを生ずるもの、 (2)盛土をした土地の部分に高さが1mをこえるがけを生ずるもの、 (3)切土と盛土を同時にする場合において盛土をした土地の部分に高さが1m以下のがけを生じ、かつ、当該切土及ぴ盛土をした土地の部分に高さが2mをこえるがけを生ずることとなるもの (4)切土又は盛土をする土地の面積が500m2をこえるもの をいうと規定されている(宅地造成等規制法施行令3条)。
ページトップへ